スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スポンサー広告  コメント:(-)
制作風景

家具の中には陶芸制作の記録映像を投影しています。
これまで、器の他にピーマン、虫、葉、実、貝殻、骨、花などをモチーフに制作されています。
陶芸技法としては確立されていないことばかりなので、試行錯誤しながら制作する様子が伝わる映像だと思います。
 未分類  コメント:(0)
粘菌をさがそう


先日、福山の相方城跡に粘菌ワークショップの下見に行ってきました。
比較的キノコは発見しやすいのですが… 粘菌はどこにいるんだろう…
葉や石の裏側など、少しジメっとした場所を探してみる。
1時間程経過した頃、倒木をひっくり返すと黄色の姿をした粘菌を発見。
肉眼でも分かるサイズですが、ここからがお楽しみ。
15倍のルーペで観察すると、摩訶不思議な粘菌と自分だけの世界に引き込まれました。

11/6のワークショップ(粘菌をさがそう)では加藤さんのアドバイスを受けながら色々な所を探してみましょう。
また、闇食堂さんのご協力で、森やキノコ、粘菌をキーワードにした軽食の販売も予定しています。
みなさまのご参加お待ちしております。

 未分類  コメント:(1)
FullSizeRender_20161031122417f3d.jpg

花びらや、実のような作品は焼き物なのか疑うほどに繊細な作りになっています。
制作方法は、まず糸を1cm程の間隔で切っていき、その糸を土に浸して1本1本繋ぎ合わせます。その後の焼成により糸は燃えてなくなり形になります。
 未分類  コメント:(0)



※特別ワークショップ
「粘菌をさがそう」

森の中で粘菌(変形菌)を見つけてみましょう。
大きさ数ミリだけどルーペでのぞくと
あらおもしろい。初心者大歓迎です。
2016. 11/6 (sun) 7:30~10:00
集合 7:30 @AREA GALLERY
参加費 1,000円 おみやげつき
(協力:闇食堂)

※要予約 お問い合わせ先 (tel.080-4265-7924 締め切り11/3)
 未分類  コメント:(0)
とびかんな

「とびかんな」という道具から生まれた模様
 未分類  コメント:(0)
前のページ ホームに戻る 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。